妊婦が飲んでも大丈夫?

妊娠中は栄養バランスの良い食事をとることが重要ですが、自分が口にしたものが赤ちゃんの栄養素になる…と思うと、やはり口にするものの安全性は第一に考えたいですよね。

ではつぶより野菜は妊娠中の妊婦でも飲むことはできるでしょうか?

ここではつぶより野菜の妊娠中への安全性について調査しました。

妊婦さんが口にするものの注意点とは?

妊娠中の妊婦さんが日々の食事で、注意すべきものにはどんなものがあるでしょうか?

妊娠中特に摂取すべき栄養素は、血液の原料となる鉄分、胎児の骨や歯を作るために必要となるカルシウム、胎児の脳の発育や神経を作り細胞の分裂や成長を助ける葉酸などがあげられます。

一方で、摂取を避けるべき、または食べ過ぎに注意すべき食品は、水銀を含有する可能性のあるキンメダイ、本マグロ、メバチマグロ、マッコウクジラなどの魚介類や鯨類、リステリア菌による食中毒の可能性のある加熱殺菌されていないナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモンなどです。

また、妊娠中毒症の原因になるため、塩分の取りすぎも厳禁です。

では妊娠中の女性がつぶより野菜を飲むのは問題ないでしょうか?

つぶより野菜は妊婦が飲んでも大丈夫?

つぶより野菜の原材料は、にんじん、トマト、セロリ、プチヴェール、レタス、ほうれん草の6種類の国産野菜です。

産地や収穫時期にこだわり、これらの原材料を野菜のおいしさを最大限に引き出せる、カゴメ独自の製法で搾汁しています。

野菜の栄養素の吸収率は、食べ方によって大きく異なってきます。特にトマトに含まれるリコピンやにんじんに含まれるβ-カロテンなどは、野菜ジュースに加工することによって生のまま摂取するよりもリコピンは3.8倍、β-カロテンは1.5倍まで吸収率が高まります。

そのため、効率よく野菜の栄養を取るには、野菜ジュースとして摂取するのが効果的であるといえます。

また、成人に1日に必要な野菜量は350g以上とされていますが、つぶより野菜には1本に350g分の野菜が凝縮されています。

もちろん、これだけを飲めば他の食事をおろそかにしても問題ないというわけではありませんが、普段の食事でも栄養バランスに気を配りながら、不足する栄養素を補うのには適しています。

つぶより野菜には、妊娠中に摂取することが望ましい栄養素である鉄が0.5mg、葉酸が11~94?、カルシウムが46mg含まれており、さらに各種ビタミンやβ-カロテンやリコピンなども含まれています。

一方で、妊娠中に摂取を控えるべき塩分をはじめとした食材や栄養素は含まれていません。

さらに妊娠中には特に避けたい長期保存のための添加物も配合されておらず、常にできたての新鮮な野菜ジュースが自宅に届きます。

そのため、つぶより野菜は妊娠中のママでも安心して飲める野菜ジュースと言えそうです。

つぶより野菜は妊婦が飲んでも大丈夫?まとめ

つぶより野菜は、カゴメが産地や収穫時期にまでこだわり抜いた国産野菜を使用して、野菜のおいしさを最大限に引き出す製法で搾汁したジュースなので、おいしく手軽に栄養補給をすることができます。

特に妊娠中はホルモンバランスの影響で便秘になりやすいです。

かといって薬にはできるだけ頼りたくないですよね。便秘を野菜の食物繊維で自然に解消できればそれに越したことはありません。

つぶより野菜には食物繊維も入っているので、美味しい味わいの中にもしっかりと便秘対策ができるようになっています。

また、妊娠中に積極的に摂取すべき栄養素が多く含まれているのも嬉しいポイント。

妊娠中避けるべき食材、栄養素は含まれていないので、妊娠中のママでも安心してお飲みいただけます。

ママの栄養バランスが整った食事は赤ちゃんの成長に1番効果的です。

重い荷物を持つことなく自宅に配送してもらえるので、手軽に安心して口にできる食材で体の調子を整えていきたいママにもピッタリです。

つぶより野菜公式サイト

つぶより野菜ジュースの口コミ・効果※子供・赤ちゃんに!amazonお試し最安値はココ!トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です